毎年2月22日はニャンニャンニャンということで「#猫の日」とされています。特に今年の2022年は更に数字が増え「ニャン」が増えるため「#スーパー猫の日」ということで、SNSでは更に盛り上がりを見せました。今回は、先日2022年2月22日のTwitterの企業アカウントの投稿事例をまとめました。

 

2022年2月22日の猫の日関連のワードでトレンドが埋められた。

当時のTwitterトレンドワードでは下記のような「猫の日」に関係するものが上記にランクインしていました。 「#あと200年」というのは、さらに2の数字が西暦に増え「猫の日」が盛り上がるのはあと200年かかるということで多くのユーザーがツイートしていたハッシュタグでした。

・#猫の日
・#スーパー猫の日
・#あと200年
・#ねこじゃらし
・#ネコチャンが来るかもしれないボタン

猫の日のハッシュフラグ

Twitter社の投稿で「#猫の日」ハッシュタグを入れると自動で表示される絵文字「ハッシュフラグ」を公開していました。
Twitter Japan (@TwitterJP)2022/2/22投稿
事例投稿_ツイッタージャパン

 

プロフィール画面を猫の日仕様に変更

その日一日だけアカウント名まで猫仕様に変える企業アカウントが多く見受けられました。

花王アタック→にゃおうアタック

花王 アタック @kao_attackjp
日用品・洗剤メーカー花王の商品ブランド、アタックの公式Twitterアカウントです。
当日にプロフィール画像を猫耳を付けたブランドアイコンに差し替え、アカウント名を「花王アタック」から「にゃおうアタック」に変更していました。またこちらのアカウントでは2022/2/22からハッシュタグ「#とろねこチャレンジ」を付けて眠る猫の画像や動画をツイートすると1投稿につき10円の保護猫支援金になるキャンペーンを実施しています。猫の日当時は、このキャンペーンに参加したユーザーの投稿をリツイートしていたので、プロフィール画面には可愛らしい猫の画像が並びました。
事例画像_花王アタック

本田技研→本ニャ技研

Honda 本田技研工業(株) @HondaJP
自動車・輸送機器メーカー本田技研の公式Twitterアカウントです。
当日は、プロフィール画像を猫仕様に、アカウント名を「本田技研」から「本ニャ技研」に変更していました。通常は技術系の内容や、バイクなどの製品情報が多く硬いイメージですが「#猫の日」に参加している様子は、SNS文化を楽しもうとする姿勢が感じられます。
事例画像_本田技研

 

実際の猫の画像を投稿

以前は#猫の日には、イラストやCGなどのクリエイティブ画像ではなく、可愛らしいモフモフの猫の画像でフォロワーに一息ついてもらうという内容が多く投稿されていました。筆者も飼い猫やリアルな猫の写真投稿を見るのが好きなユーザーの一人です。
今年も自宅や同僚の飼い猫の写真を投稿する企業アカウントも見られました。

casio

CASIO カシオ計算機株式会社 @CASIOJapan 
電子機器メーカー、カシオ計算機の公式Twitterアカウントです。
ハッシュタグ「#カシ子タイム」をタップすると、カシオの中の人の可愛らしい飼い猫のツイートが閲覧できます。「#猫の日」当時は、アカウント名に猫の絵文字を加え、自社製品と猫を並べた投稿が連投されていました。
事例画像_カシオ

 

実際はない商品やサービスで投稿

実際には提供していない猫の形をした架空の商品を紹介するツイートをしている企業アカウントも多く見られました。

イトウ製菓

イトウ製菓【公式】@mr_ito_club
製菓メーカー、イトウ製菓の公式Twitterアカウントです。
製造している商品にはないため、投稿文を見ると非売品と書いてありますが、これが商品だったら贈り物におすすめしたいと思うほど可愛らしい猫クッキー画像で投稿していました。
事例画像_イトウ製菓

大戸屋

大戸屋ごはん処【公式】@Ootoya_Gohan
外食チェーン企業、大戸屋の公式Twitterアカウントです。
通常の投稿はおすすめメニューの紹介をツイートしているのですが、「#猫の日」には焼き魚についている大根おろしで猫を形作った一皿で、可愛らしい画像を投稿していました。こちらも実際のサービスには含まれていないようです。
事例画像_大戸屋

カルビーフルグラ

カルビーフルグラ【公式】 @calbee_frugra
お菓子メーカーカルビーの商品ブランド、フレグラの公式Twitterアカウントです。
通常の投稿は、商品の食べ方の提案や、レシピ紹介をしています。「#猫の日」では、実際にはない猫の形をしたシリアル商品の画像でツイートしていました。
事例画像_カルビーフルグラ

ファミリーマート

ファミリーマート @famima_now
コンビニエンスストアチェーン、ファミリーマートの公式Twitterアカウントです。
普段の投稿での、画像のレイアウトや絵文字をたくさん活用しているツイートは楽しい雰囲気が伝わるアカウント運用です。猫の日は人気のハンバーグ弁当を投稿していました。猫型のハンバーグは実際には販売されていないようです。
事例画像_ファミリーマート

 

#猫の日にちなんだ投稿

pasco

Pasco/敷島製パン株式会社【公式】@Pasco_JP
製パンメーカー、Pascoの公式Twitterアカウントです。
いつもの投稿は商品紹介や、商品を活用したアレンジレシピを紹介しています。「#猫の日」には猫盛りハニートーストの画像でツイートしていました。投稿文にはたくさんの猫の絵文字を加えて、画像と相乗効果のあるツイートでした。
事例画像_パスコ

太田記念美術館

太田記念美術館 Ota Memorial Museum of Art @ukiyoeota
浮世絵専門美術館の公式Twitterアカウントです。
歴史ある浮世絵作品に登場する江戸時代の猫たちを紹介しています。美人画やマンガのような作品の紹介をツイートしていました。
事例画像_太田記念美術館

カルビー

Calbee(カルビー)公式 @Calbee_JP
お菓子メーカー、カルビーの公式Twitterアカウントです。
通常は期間限定商品や、キャンペーン情報、働く人のブログ記事(noteへのリンク)の紹介をしていますが、当日はアカウント名を「ニャルビー」に変え、朝から「#猫の日」にちなんだ投稿をしていました。
事例画像_カルビー

森永乳業パルム

森永乳業PARM(パルム)公式アカウント @parm_icecream
乳製品メーカー森永乳業のアイスクリーム商品ブランド、パルムの公式Twitterアカウントです。
当日は、プロフィール画像を猫を施したものに変え、gifアニメのアイスキャンディーがゆるく動いているクリエイティブ画像で投稿していました。
事例画像_森永乳業パルム

 

#猫の日に盛り上がる商材をプロモーション

元祖くず餅 船橋屋

元祖くず餅 船橋屋 @funabashiya_
東京、亀戸にある和菓子屋、船橋屋の公式Twitterアカウントです。
「#猫の日」に合わせて商品を開発し、期間限定で発売していました。映える商品ということで人気になり3月まで販売期間を延期するほどになっています。
事例画像_元祖くず餅 船橋屋

ビックカメラ

ビックカメラパソコンStyle @biccameraP
家電量販店ビックカメラのパソコンの情報を中心に情報発信している公式Twitterアカウントです。
通常の投稿はパソコンのショートカットキーなどユーザーにマメ知識となるような投稿をしています。「#猫の日」当時は、猫に関係する商品を紹介していました。 実際にある商品ということで新しい発見となり、商品プロモーションとしていい事例だと思いました。
事例画像_ビックカメラ

 

#猫のバンバン(三菱自動車)

三菱自動車工業株式会社 @MMCjpn
自動車メーカー、三菱自動車の公式Twitterアカウントです。
こちらのアカウントでは以前から呼びかけている「猫バンバン」を改めて発信していました。三菱自動車はボンネットに忍び込み暖をとる猫を助けるため、運転前にボンネットをバンバン叩こうという運動を以前から呼びかけています。ボンネットから救出された猫の可愛い写真が投稿されていました。
事例画像_#猫のバンバンで助かった猫の画像を投稿(三菱自動車)

 

2時22分を狙った投稿

午後2時22分(14時22分)や、午後10時22分(22時22分)に猫の日をさらに意識した投稿をする企業アカウントも見られました。

Twitter Japan @TwitterJP
事例画像_2時22分を狙った投稿をしているツイッタージャパン

 

まとめ:SNSだからこそのイベントに参加しよう!

今回はTwitterを中心に2022年2月22日の「#猫の日」の振り返りをしました。
傾向としては下記のとおりです。

・プロフィール画像、プロフィール欄を#猫の日仕様にする。
・実際にはない商品画像で投稿。
・SNS運用者が猫を飼っている場合など実際の猫の写真を連投。

商品やサービスのイメージがあり、SNS上のイベントに参加することを躊躇する企業もあるかと思いますが、SNSだからこその「#今日は●●の日」にちなんだ投稿をすることで、一般ユーザーにリーチするチャンスになり、企業アカウントが羽目を外したり楽しんでいる投稿はアカウントへの関心を得られるためトライしていただきたいと思います。

 

adishでは各SNS(プラットフォーム)に合わせた投稿プランをご提案します。

Twitterだけでなく、SNS運用は、それぞれプラットフォームとしての特徴を理解して運用する必要があるため、時に社内での運用リソースや投稿のアイディアの枯渇など、担当者の方々も問題を抱えていると思います。 何かお困りのことなどございましたら下記お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

サービスに関するお問い合わせはこちらから